ボルボC70 コンバーチブル

​Volvo C70 Convertible

ボルボのコンバーチブル車には、ボルボ車自体と同様に古い歴史があります。1927年、初めて誕生したボルボ車はオープンカーÖV4でした。1930年代、独立した専門のコーチビルダーが製造したさまざまなボルボシャシをベースに数多くのコンバーチブルが製造されました。1956~57年には、有名なボルボスポーツ(P1900)が生産されました。その数は67台と非常に少なかったにもかかわらず、そのほとんどが現在まで保存されています。

1997年にC70コンバーチブルが発表されたとき、多くの人たちが驚きを持って迎えました。それまでのボルボ車の中でもっとも高価でもっともターゲット層の限定される車だったからです。

しかし、C70コンバーチブルは単に美しいというだけに留まりませんでした。まず何よりも、この車はエキサイティングな「ドライバーズカー」でした。C70クーペとほぼ同様のロードホールディング特性を備え、最高速度と加速性能は「スポーツカー」と呼ばれる車のほとんどを凌駕していました。

ボルボは安全上の理由からオープンカーをつくることを長い間躊躇してきました。しかし、ボルボROPS(Roll Over Protection System:横転保護システム)という画期的なシステムが開発され、事故の際にはロールオーバーバーが自動的に作動するようになったため、オープンカーがひっくり返っても安全を確保できるようになりました。

当初、ボルボC70コンバーチブルは北米市場向けでしたが、その他の市場でも、気候がオープンカーに向いた地域ではすぐに人気に火がつきました。ボルボ・カー・ジャパンHPより

日本での新車価格は469万円以上

日本での価格帯は469万円~545万円で販売されている。

エンジン
排気量
最高出力・最大トルク
駆動方式

B5244 水冷直列5気筒DOHC20バルブ
2,434cc

140PS/22.4.kg・m
5速AT

クルマの保管場所

​​​ATT赤坂ツインタワー新館ビル

〒107-0052

東京都港区赤坂2丁目11−7

溜池山王駅直結 六本木1丁目駅すぐ 

ATT新館

大通りから裏になります。

​​ATT新館ビル1階の駐車場

​​「9256」機械の操作でクルマが出てきます。