top of page

ベンツ SL350

Mercedes-Benz SL350

ベンツ SL350

スタンダードクラス

安心保険980円(税込1078円)で免責8万円(税込88000円)

自損事故時の修理代8万円(税込88000円)以上はカオナが負担致します。

スクリーンショット 2021-02-09 9.55.20.jpg

2人乗り

スクリーンショット 2021-02-09 9.52.08.jpg

豊橋

スクリーンショット 2021-02-09 9.53.20.jpg

右ハンドル

スクリーンショット 2021-02-09 9.52.50.jpg

普通タイヤ

豊橋

操作方法

クルマの保管場所

豊橋

〒441-8077
愛知県豊橋市神野新田町ワノ割95−1
DESIMA JAPAN 駐車場

スクリーンショット 2022-10-18 17.33.51.jpg

DESIMA JAPAN敷地内駐車場です。

スクリーンショット 2022-10-18 17.33.51.jpg

​車輌のカギ

ベンツ SL350

ベンツのカギです。助手席のダッシュボードに保管してください。 ハンドルの裏側にカギの差込口があります。回してエンジンをかけましょう。

ウィンカー操作

スクリーンショット 2019-02-19 9.20.18.jpg

ウィンカーはハンドルの左側に設置されています。このレバーはワイパーやウォッシャーの操作もこれで行います。

ライト操作

IMG_3993.jpg

ライトが点いたまま返却するとペナルティが発生します。

ライトは「A」オート、「0」に合わせるとOFFです。駐車するときには「A」か「0」に必ず合わせてください。

スマホでミュージックを聴く

スクリーンショット 2019-02-19 12.01.15.jpg

スマホのブルートゥースを「JA996」に接続します。

クルマのオーディオ「FM76.0」のラジオ設定すれば完了です。

​スマホのボリュームは最大で利用ください(音量はクルマのオーディオで調整ください)

ガソリンタンクの開け方

スクリーンショット 2019-02-19 12.36.05.jpg

「給油忘れ」で返却するとペナルティが発生します。

ガソリンタンクは車体の右側です。フタを押すと開きます。
​ガソリンは「ハイオク」でお願いします。

ベンツ SL350

SLクラスは2シーターオープンスポーツの最高峰に位置づけられ、下位にはSLKクラスが存在する。5代目はEクラスのプラットホームをベースとしている。
「SL」はドイツ語で軽量スポーツカーを意味する「Sport Leicht (シュポルト・ライヒト)」の頭文字に由来する。
初代は1952年にル・マン24時間耐久レースを制覇した「300SL」(W194)をベースに、軽量クーペまたはカブリオレとして発展した。しかし、2代目(W113)より高級車・高性能車としての性格を強め、ラグジュアリー性や快適性を重視するコンセプトが現在に至るまで貫かれている。
4代目(R129)まではソフトトップを採用し、その上から装着するハードトップをオプションで販売していたが、その重さや大きさゆえに脱着は容易にできないものであった。しかし、5代目(R230)よりSLKクラスにも搭載されている「バリオルーフ」(電動格納式ハードトップ)を備え、クーペカブリオレとなる。
現在、メルセデス・ベンツが販売する車種の中で最も長い歴史をもっている。

bottom of page